ナチュラルホルモン

■「ナチュラルホルモン」とは何か?

ナチュラルと聞くと自然な植物からとったもののように思われるかもしれませんが、ここでいうナチュラルとは、体にとって「ナチュラル」なホルモン、つまり、体の中に元々あるホルモンと、化学的に全く同じホルモンのことを指し、英語でbioidentical(バイオアイデンティカル)、つまり「生体同一性ホルモン」のことを言います。
簡単に言いますと、『人の体が作るホルモンと化学構造が同じホルモン』のことです。

更年期障害の治療の際に保険適応で使用される「合成ホルモン剤」は、これらとは異なり、『体内のホルモンに似せた薬剤』です。そのため本来身体にあるホルモンとは化学構造が異なるため、場合によっては拒否反応(副作用)が出ることがあります。これに対し「ナチュラルホルモン」は、もともと体に備わっているホルモンと全く同じ化学構造のホルモンなので、体に優しいといえます。


■ホルモン補充は安全か??

2002年、アメリカで行われたWHIという大規模なホルモン療法に関する研究が中間報告とともに中止されました。その理由はそのホルモン療法をうけた人達に、心血管疾患・乳がんなどの増加が認められました。
しかしこの研究で使用されていたホルモン剤は、「ナチュラルホルモン」ではなく「ホルモン類似物質」というものが使用されていたのです。
「ナチュラルホルモン」はこのようなリスクはありません。個人輸入で買えるナチュラルホルモンもありますが、これは質が非常に悪く、効果が低いだけではなく不純物が含まれているためおすすめしません。
当クリニックで扱うものは、米国FDA(食品医療品局)の厳しい品質基準を満たした調剤企業または、医師が調剤した製品を使用しておりますので安心してお使いいただけます。


■女性ホルモンには2種類あります

【ナチュラルホルモン エストロゲン効果】

  • 痴呆予防(記憶力↑ 認知力↑ 集中力↑)
  • 動脈の柔軟性維持
  • 皮膚コラーゲン維持
  • 大腸がんリスク⇩
  • 血圧低下
  • 骨密度↑
  • 性的関心↑

【ナチュラルホルモン プロゲステロン効果】

  • 子宮がんリスク⇩
  • 卵巣がんリスク⇩
  • 乳がんリスク⇩
  • 心血管系疾患リスク⇩

■ナチュラルホルモンは「更年期」「更年期前後」「PMS」など様々な症状に効果あり

【更年期および更年期前後の症状】

  • ホットフラッシュ
  • 不眠
  • 疲労感
  • 記憶力低下
  • うつ症状
  • 集中力低下
  • 性欲低下
  • 骨粗しょう症
  • 痴呆症
  • 心血管疾患

このような方にはホルモン採血結果により「エストロゲン+プロゲステロン」または「プロゲステロンのみ」で治療します。

【PMS(月経前症候群)】

  • うつ
  • 怒りの爆発
  • いらいら
  • 不安と混乱
  • 引きこもり
  • 乳房緊満感
  • 腹部膨満感
  • 頭痛
  • 関節痛
  • 体重増加
  • 四肢の浮腫み

ナチュラルホルモンなら10代の方にも安全に使用できます。 「プロゲストンクリームのみ」の使用です。

■豆知識「実はエストロゲン優位であることが更年期症状・月経前症候群の原因だった!」

まず!エストロゲンが最終的にどうやってつくられるかを見てみましょう。エストロゲンは2つの経路から合成されます。

コレステロール➽プロゲステロン➽アンドロゲン➽エストロゲン
コレステロール➽DHEA   ➽アンドロゲン➽エストロゲン

このようにプロゲステロンからできる経路とDHEAからできる経路があります。
「更年期障害はエストロゲンが少なくなるから起こる」
「月経前症候群は月経前にプロゲステロンが増えるから起こる」

と思っている方が多いと思いますが、ちょっと違います。
正しくは、 「更年期障害はエストロゲンも減るが、同時にプロゲステロンが急激に減るためにおこる」
「月経前症候群は月経前にプロゲステロンが増加するが、それ以上にエストロゲンも増加するために起こる」
です。


■来院してからの流れ

【採血によるホルモン検査】

ホルモン検査をして結果をみてからどのホルモンを使用するか決めます。

【唾液によるホルモン検査】

唾液検査は、すぐに使える活性化されたホルモン値を測定するのに大変有効です。ホルモン値、およびホルモンバランスのと診断には通常血清中のホルモン値が標準的に行われていますが、血中ステロイドホルモンの99%は運搬たんぱく質に強く結合しており、すぐに使用できません。
残ったほんのわずかな非結合ホルモンが細胞内に入って効果を発揮します。この非結合ホルモンのみが唾液に自由に入ることができるのです。
よって唾液の検査により、本当に利用可能なホルモン値を測定することができます。唾液ホルモン値はホルモンの過不足と症状ととても深い関係があります。できるだけ唾液ホルモンの検査をお勧めいたします。

検査申込み
 →検体採取
 →約3週間で検査結果
 →医師から患者様へ結果報告、処方

結果を確認し、ホルモンのアンバランスを調整。不足しているホルモンを補充し、各ホルモンのトータルバランスを医師の処方によって整えていきます。
補充方法はクリームやサプリメントなど様々な方法があります。


■商品説明

当クリニックで取り扱う商品は、米国FDA(食品医療品局)の厳しい品質基準を満たした調剤企業または、医師が調剤した製品を使用しておりますので安心してお使いいただけます。

■エストロゲン

①バイエストロン錠剤
金額:15,000円 1本30錠 1本で約1ヶ月分
使用期限:6か月
②オエストクリア:エストロゲンの代謝を促す効果
金額:15,000円 1本60錠 1本で約2ヶ月分→1ヶ月約7,500円
使用期限:1年半

■黄体ホルモン

プロゲステロンクリーム(ProFeme10)
金額:25,000円
   1本で約50日~100日分→1ヶ月で約7,500円
使用期限:約1年半

■テストステロン

テストステロンクリーム(AndroForte1・男女共有)
金額:25,000円
   1本で約50日~100日分→1ヶ月約7,500円
使用期限:約1年半

※商品金額については、為替レートの変動により変更になる場合もございます。
金額については、電話か受付にてご確認下さい。


■重要なのはプロゲステロンを補うこと!

つまり、プロゲステロンに対してエストロゲンが優位になるために様々な症状がでます。
よって治療には!!
「優位すぎるエストロゲンの作用を抑えるために十分なプロゲステロンを補うこと」
なのです。
更年期の場合、DHEAを飲むことも多いのですが、まだエストロゲンが十分に出ている場合、DHEAは必要なくプロゲステロンを投与することが先決です。

ネットで診療予約
パソコンからでも携帯からでも
ご予約いただけます。 ネットで予約
不妊治療
不妊治療の診療は大崎の「はなおかIVFクリニック品川」にて行います。
  • 卵子凍結
  • AIH
  • ART
ネットで診療予約
パソコンからでも携帯からでも
ご予約いただけます。 ネットで予約
パソコンからでも携帯からでも
ご予約いただけます。 ネットで予約
初めて当院に受診される患者様へ
WEB問診表をダウンロードする
アスリートを応援!
メディア掲載
スタッフ募集
マイシグナル
オンライン診療
はなおかIVFクリニック品川
はなおかIVFクリニック品川 徒然日記
アクセス
〒140-0013
東京都品川区南大井6-17-15 第二タジマビル3階
Tel. 03-5767-5285