不妊症

はじめに

不妊治療は、一般不妊治療(タイミング法人工授精)と体外受精に大きく分けられます。

一般不妊治療(タイミング法、人工授精)
多くは保険で行えます。ただし人工授精の実施自体は自費になります(20,000円程度です。)はなおかレディースクリニックでは一般不妊治療までが施行可能です。

体外受精について
基本的には自費です。体外受精は、はなおかIVFクリニック品川(大崎)にて施行可能です。

不妊治療には費用がかかると思われています。確かに、体外受精を行うためには費用がかかります。しかし、保険のきく一般不妊治療で妊娠される方も多くいらっしゃいます。治療を始める前の基本的な検査(ホルモン検査や超音波検査など)のほとんどは保険診療で受けることができます(毎月行うことのできる回数は決められています)。また、タイミング法、人工授精を行う周期の排卵誘発にも保険適応があります(人工授精の実施自体は自費になります)。

保険でできること

  • 不妊のご相談(基礎体温の確認なども含めて)
  • ホルモン検査
  • 卵管疎通性検査
  • フーナーテスト
  • 超音波検査
  • タイミング法、人工授精周期における排卵誘発

初めてご受診の方へ

紹介状は必要ありません。

初診時

  • ご相談内容の確認、今までの治療経過の確認をします。
  • 月経周期の確認、基礎体温を付けていければ、基礎体温を確認します。
  • 超音波検査で子宮や卵巣の形を確認します。
  • 育っている卵胞があれば採血してみて、どの程度成熟した卵か確認します。
  • クラミジア抗体検査、子宮がん検診を必要なら行います。

その後

  • 月経中ならばホルモンの基礎値を確認します。
  • 排卵後は黄体ホルモン値を確認します。
  • 毎回育っている卵胞がないか超音波で見ます。必要に応じて採血してみて、どの程度成熟した卵か確認します。卵を育てるために、排卵誘発を行うことがあります。

上記はほぼ保険で行うことが出来ます。

その他(自費の検査になります)

  • ご本人とご主人の感染症検査
  • 卵巣予備能としてAMHの測定
  • 精液検査
  • 人工授精(AIH)・妊婦健診は自費診療となります。
    人工授精を施行した日移行~月経開始までは、
    診察・検査・処方・注射は全て自費診療となります。
  • 妊娠された後は基本的には全て自費診療となります。
  • 混合診療を避けるために、漢方薬などの処方が必要な方は、後日別の日に処方させていただきます。

    ※厚生労働省からの指導の下、混合診療は禁止となっております。
    ご理解の程、宜しくお願いいたします。

たまごのものがたり(はじめのはじめ) »

ネットで診療予約
パソコンからでも携帯からでも
ご予約いただけます。 ネットで予約
パソコンからでも携帯からでも
ご予約いただけます。 ネットで予約
初めて当院に受診される患者様へ
WEB問診表をダウンロードする

院長と理事長の患者さんへの思い「ママ、待っててね!」が本になりました!
お近くの書店、またはクリニックにて購入できます。
メディア掲載
スタッフ募集
はなおかIVFクリニック品川
Doctor's File 花岡嘉奈子院長
はなおかIVFクリニック品川 徒然日記
アクセス
〒140-0013
東京都品川区南大井6-17-15 第二タジマビル3階
Tel. 03-5767-5285